S・M・C メディカルビル

小田急江ノ島線長後駅東口のロータリーに面して建つ医療テナントビルです。 地域中核病院の藤沢湘南台病院の健診センターと婦人科、循環器内科クリニック、調剤薬局が入ります。

ビル本体と3テナントの内装設備一体で計画から設計、工事監理のお手伝いをさせていただき、地域の発展に長年貢献されている地主様がご要望の、 駅前商店街の活性に寄与する建物、地域医療に貢献するメディカルビルの実現に努めました。

長後駅東口前の顔になるロータリー側は堂々と大きな建物に見えるよう、
また、健診・医療専用ビルに相応しく、明るく清潔で、健康的なイメージを発する外観をデザインし、 駅前ロータリーの景観の一新を図りました。

ビルに対して駅の反対側、商店街と住宅地に繋がる東側は、建物の高さを抑え、外装のカラーに配慮し、街の景観との調和を考えています。

三方が道路に面する立地を活かし、ロータリー側に健診センター・婦人科と循環器内科クリニックの出入口、南側に調剤薬局、東側に健診センターの車寄せを配置し、 三方で街に繋がります。地域の人達が利用しやすいメディカルビルを創りました。

医療・高齢者施設の建築と未来